• ホーム
  • 外資で働く
  • プレミアムフライデー、フランス在住私の意...

プレミアムフライデー、フランス在住私の意見

笑うナマケモノ


海外在住なので、国内でどれくらい知名度があるのかわからないのですが、みなさまは「プレミアムフライデー」ご存知ですか?念のため説明しますと、プレミアムフライデーとは、月末の金曜日のお仕事を3PMに終えられる制度で、消費喚起が狙いのよう。まだ確定したわけではないのですが、2017年に入ってから、毎月または隔月での・・



全文を読む

海外在住なので、国内でどれくらい知名度があるのかわからないのですが、みなさまは「プレミアムフライデー」ご存知ですか?

念のため説明しますと、プレミアムフライデーとは、月末の金曜日のお仕事を3PMに終えられる制度で、消費喚起が狙いのよう。

まだ確定したわけではないのですが、2017年に入ってから、毎月または隔月での実施を検討しているみたいです。

 

私個人は、基本的には超賛成!

ただ、帰りたい人帰れるけど残りたい人は残れるようにして、働きたい人は働ける環境を作るのも大切だと思いますけどね。

 

たくさん働いてたくさん稼いで・・というのが価値観の真ん中にあったのは過去の話。

そこそこ稼いで、まったり生きるスタイルを好む人が増えているのは、バブル世代VSゆとり世代的紛争でも明らかです。

 

20代半ばの鼻息荒いころの私だったら、まったりやりたい人には3PMにとっととかえってもらって、自分はプレミアムフライデーも週末も使って2~3年、ガシガシ働いて基礎を作りつつ、ガンガン稼ぐ道を選んだと思います。

ただ、それ以降は、若さに任せてたくさん・・というよりは、ペースを落として、しっかり働いて、しっかり遊んで、短距離走よりも長距離走的に働きたい、と思うようになったので、20代後半以降の、アラサーやアラフォーな私は、プレミアムフライデーは絶対に遊びに行きますね!今は海外在住ノマドワーカーなので関係ないですが・・。

 

ちなみに、先進国の多く、特に私のいるフランスや、ドイツ、オランダ、ノルウェーデンマークなどの西欧や北欧諸国は、日本よりも月当たりの労働時間が20-30時間少ないです(OECD 2014)。

今もうちに、休暇中のフランス人男子が1週間ほど泊まっているのですが(笑)、とにかくこの国の人たち、すごく休むし、残業しないですねー。もちろん、業種にや職場によって幅があるのは承知の上ですが、私が知っているフランス人の中で、私よりも長時間働いているのは、研修医の子だけです(^^;) それでも1週間単位で休み取れてるし。

 

右肩上がりの経済で、たくさん稼いでたくさん消費して、というスタイルがメジャーだった時代は完全に終わりました。

今は、経済も停滞気味だし、安くて良いモノたくさんあるし、自動化も進んでいるので、もう少しヨーロッパ的にゆったりでいいんじゃないかな。

・・・というわけで、私はプレミアムフライデーは大賛成。

ヤフージャパンとかZOOTOWNは既に導入していますが、ここからもっと、労働時間を減らす動きは増えていくと思いますし、私はそれはいい動きだと思います。だって8時間設定してからどんだけ時代変わった?

 

ただ一つ。時間がたくさんある=幸せではないので、増える余暇を上手に使うことを覚える必要はありますよね。

フランスの田舎に移住してから、私も少しヒマを持て余し気味なのですが、あんまりヒマだとウツっぽくなるので注意。

お金が無限にあればヨーロッパ放浪の旅に出ますが、そうでもないので、この田舎で、この時間を使って何をするかっていうのは結構最初悩みました。

 

プレミアムフライデーくらいなら、同僚と飲みに行って終わり、でも私は良いと思いますが、このチャンスに余暇の過ごし方を色々探ってもいいかもしれないですね。

探せば面白いこと、世の中にはまだまだたくさんありますから❤

 

— By Hanna 2016年10月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です