いやーーー・・・ イギリスの欧州離脱「Brexit(ブレグジット)」の経験があるのでまさかとは思いましたが・・。 トランプ大統領、誕生しちゃいましたね。フランス在住につき、夜中の開票開始。寝る前にグーグルのリアルタイム投票結果を2時間程確認して、フロリダ、オハイオ・・


全文を読む

どーしても朝起きられない。ダイエットが続かない。英語の勉強が続かない。貯金ができない。家でゴロゴロ寝てばっかりいる。継続的に「やる気」がでなくて悩んでいる方、たくさんいらっしゃるのではないかと思います。家族からのあだ名「ダメ人間」の私も、早起きもダイエットも語学学習も貯金も全部苦手・・


全文を読む

日本在住時にまとめ買いしたピル(経口避妊薬)、「トリキュラー28」が無くなったので、フランスでピルを手配することになりました。日本では産婦人科で出してもらっていたので、こっちでもお医者さんに行かなきゃいけないのか、めんどくさいなーと思っていたところで・・


全文を読む

基本的には、年齢に関して、私は結構ポジティブな考え方ができていると思っていたのですが。36歳になり、アラフォーの入り口に立った今、こんな言葉を多用している自分に気づいてしまったのです!「もうトシなんだからさー・・」 「もうアラフォーなんだから・・」 「体力なくなってきてるからねぇ・・」 「今からはじめてもさ・・」 こんな感じで、年齢を・・


全文を読む

海外在住なので、国内でどれくらい知名度があるのかわからないのですが、みなさまは「プレミアムフライデー」ご存知ですか?念のため説明しますと、プレミアムフライデーとは、月末の金曜日のお仕事を3PMに終えられる制度で、消費喚起が狙いのよう。まだ確定したわけではないのですが、2017年に入ってから、毎月または隔月での・・


全文を読む

2015年の国際通貨基金(IMF)の統計によると。一番リッチな国の1人当たりのGDP(国内総生産)はカタールで約13万米ドル/年。一番貧しい国は、中央アフリカ共和国で、約600米ドル/年。すごくざっくりいうと、カタール人は中央アフリカ人よりも 平均で、217倍 豊かという計算になります・・


全文を読む

アラサーやアラフォーにもなると、こんな基準で今まで行動を決めてきた人は、自分が本当に何がしたいかわからず困ってしまいます。・親を喜ばせるため (勉強をする、習い事をがんばる、就職先選びなど) ・彼を喜ばせるため (音楽選び、食事選び、デートコースなど) ・友達に尊敬される・・


全文を読む

世の中には2つのタイプの人間がいるそうで。1.無人島に行っても顔も洗わないタイプの人 と 2.無人島に行ってもきちんとした身なりをする人  私は300%前者なので、後者なんて世の中にいるのかと思っていたのですが、仲良しアラフォー女子が「私なら絶対毎日キレイにする!」と言っていて、超びっくりしました。 実は今、家の人・・


全文を読む

私は貯金が死ぬほど苦手で、今のフランス人の彼と付き合い始める前は、アラサー(34歳)なのに貯金ゼロどころかマイナス。毎月ギリギリまで使って、足りない分はクレジットカード、それでも間に合わなければリボ払いやカードローンも駆使して、とにかく銀行にお金が残っているのは見たことがありません・・


全文を読む

とりあえず、仕事場に行った。机の前に座ってパソコンもつけてみた。けど、全っ然やる気しねーーーー(´ Д ` ;|||) アラサーやアラフォーにもなって社会人経験が長くなれば、まあこんな日も、ありますよね。死ぬほどやる気がしなくて、自分の仕事の調整ができて、かつ他の方に迷惑も・・


全文を読む

本日、フランスはブルターニュ地方ブレストにある、我が家のフレンチボーイズ4人がサーフトリップに行ってしまいまして。私は仕事があって家に残ったのですが、現在見ず知らずのコロンビア人3人が本日の夕飯を作ってくれています!我が家ではAirbnb(エアービーアンドビー/エアビー)をやっていて、部屋に一人のコロンビア人の・・


全文を読む

年末年始、どうにか長期休暇が取れそう♪ だけどおひとりさま旅行になりそうで、どこに行こう・・・? 友達と一緒に行ければ何よりですが、忙しい社会人同士、なかなか一緒に休みが取れなかったりしますよね。 そんな時、大人なアラサー&アラフォー女子なら、一人で海外に繰り出しましょう♪ ということで、一人旅大好きなアラフォーの私がオススメエリアを紹介していくシリーズ・・


全文を読む

前回は、アラサーのうちにやっとけばよかったと後悔していることTOP3を紹介しました。今回は逆に、アラフォー入口(36歳)の筆者が、アラサーのうちにやっておいてよかった!と感じていることTOP3を紹介します。アラサーのうちにやっといてよかったことTOP3 第3位:ガッチリ働いた マネージャーになって部下を持って、部署を持って、強制脱サラ・・


全文を読む

東京脱出してフランスの田舎(ブルターニュ地方のブレスト)に来てから約3ヶ月が経ちました。まだまだ、色々とカルチャーショックがあって田舎ながら刺激のある毎日を過ごしていますが、ひとつ本当に感じるのが、人々が言いたいこと言って、精神的に楽そうである、ということ。 島国+村社会の影響だからかなんなのかわかりませんが・・


全文を読む

今アラフォー+のみなさま、アラサーのうちにやっておけば良かったと思うことはありませんか?私は結構好き勝手やってきましたが、それでもやっとけばよかったな、と思うことはあります。そこで、今回は私の中のTOP3を紹介します!人生十人十色だとは思いますが、迷えるアラサーちゃんはぜひ読んでみてね。アラサーのうちに・・


全文を読む

前半記事に続き、アラサーからアラフォーになって良い方向に変わったこと6つのうちの残り3つを紹介します。アラサーからアラフォーになって良い方向に変わったこと6つ(後半) ④本当に自分が欲しいものが絞れてきた(のでムダなものを買わなくなった) ひとつ前の記事の③人と比べて劣等感を感じることが減った、にも繋がるのですが、本心ではそんなに欲しくないブランド物・・


全文を読む

さて、前回は、アラサーからアラフォーになって悪い方向に変わったこと6つを、実体験をもとに紹介しました。今回は逆に、良い方向に変わったことを6つをお届けします。もちろん個人差はあると思いますが、歳とるのも悪くないと思っていただければ幸いです❤アラサーからアラフォーになって良い方向に変わったこと6つ ①忍耐強くなった あるセオリーによると、時間の感じ方は、今までの時間との・・


全文を読む

ウォーキングやジョギング、ランニングを続けたいのに続けられない方は多いのではないでしょうか。私も、ダイエットや健康、ストレス解消などのために、ジョギングを週3~4回、1回40分~50分くらいやりたいとずーっと思っていたのですが、「やらないと気持ち悪い」レベルになってきたのは、つい最近のことです。週2だとちょっと少ないな・・


全文を読む

朝起きたら寝違えて首がまわらない。朝のコーヒーをお気に入りのシャツにこぼす。会社に行けば上司に意味のわからにことで叱られ、帰りは財布を落として警察に1000円借りる。こんな感じで、朝から晩までついてない日、生きていれば1日くらいありますよね。ここまでわかりやすくなくても、小さな小さなイライラが積み重なって・・


全文を読む

昨日、ユーロ2016(サッカー)の決勝戦、フランスVSポルトガルがありまして、残念ながらフランスが0-1で負けてしまったのですが。うちでもフランス人10人くらいと観ていて、その熱狂度に大きな個人差があって、負けたところで申し訳ないのですが、すごく面白かった・・


全文を読む

現在フランスでは(というか、ユーロ圏では?)、ユーロ2016(UEFA 2016)がめちゃくちゃ盛り上がっています。アラサー&アラフォー女子的には、いくら海外好き&国際派とはいえあまり耳慣れないかもしれませんが、一言でいうと、ヨーロッパ限定のワールドカップ。人によっては、ワールドカップよりもレベルが高いと言います。私はフランスのブルターニュ地方・・


全文を読む

「アラサー」「アラフォー」って、ちょっと調べてみたところカチっとした定義は無いのですね。四捨五入なら25歳~34歳がアラサーだけど、25歳はちと早くない?34歳は微妙じゃない?とか思ったり。同じ考えだと35歳~44歳がアラフォーになるけど、35歳は早くない?44歳はどうなの??などと、細かいことは置いといて。36歳になった私は、気分はすっかりアラフォーで、最近いとうあさこが・・


全文を読む

紆余曲折ありまして、私は現在フランス人の彼とフランス式事実婚(PACS: パクス、パックス)をして、フランスに移住しました。付き合い始めてから約2年しか経っていないのですが、ブラジルで出会い、ブラジルと日本の遠距離を経て、彼が仕事をやめて日本に来てくれて、私がノマドワーカーとなり、フランスに移住・・・という流れで、しかも歳の差10個あるし彼が下)、まあ、よくまだ・・


全文を読む

私は無事ノマドワーカーとなり、東京脱出&海外移住⇒フランスで田舎暮らし、といった流れを実現していますが、経済的に自由な訳では全然ありません。 仕事が嫌いなわけでは全くないのですが、「お金のために働く」のではなくて、「楽しいから働く」方が好きなので、私は経済的に自由になりたいと思っています。そして、好きなことに好きなだけ時間をかけたいと思っています。というわけで・・


全文を読む

前回に引き続き、フランスはブルターニュ地方にある、超魅力的な中世都市、サン・マロの紹介です!前回記事はこちらからどうぞ。 結構なスピードで引いていった潮の後には島へ続く道が現れ、そこを渡って島に渡ると、そこは植物だらけの素敵な場所。島から見るサン・マロの街並みもとってもキレイです!!映画のセットみたい・・


全文を読む

先日、ちょっと近くまで行く用事があり、ついでにオススメされた「サン・マロ」という所に行ってきました。サン・マロ(Saint-Malo)は、フランス北西部、ブルターニュ地方にある港町。私は全然知らなかったのですが、観光地としてフランスでは結構人気があるそうです。 私は車で行きましたが、パリから電車で3時間。夏はモン・サン=ミシェル・・


全文を読む

さて、前回、前々回と2回に分けて書いてきた「腸活」記事、今回は食べ物編の後半です!まだ読んでいない方はこちらから↓ 東京働き女子でもできる「腸活」ポイント:はじめに 東京働き女子でもできる「腸活」ポイント:食べ物編(前半) 幸せは腸から作られる!東京働き女子でもできる「腸活」ポイント:食べ物編(後半)・・


全文を読む

前回でに引き続き、今回は腸活の「食べ物編」です(前回「はじめに」を読んでない方はぜひこちらから)!この世の多くのことに当てはまるのですが、「りんごだけ食べればダイエット成功する」みたいに、「これだけやれば大丈夫」というものは存在しない・・


全文を読む