• ホーム
  • 海外旅行
  • 女子一人でも行きたい!魅惑の国、チュニジ...

女子一人でも行きたい!魅惑の国、チュニジア

海外旅行、おひとりさま旅行、お一人様旅行




全文を読む

フランスに移住してから、やたらYouTubeの広告で出てくるのが「チュニジア」。

また、広告の映像がすごくステキなので調べてみちゃったら、すごく行きたくなっちゃいました❤

誰かと一緒でもいいけど、一人で行っても全然楽しそう。行きたい!!!

 

チュニジアは、北アフリカに位置する小国。アルジェリアとリビアの間にあり、それらの国やモロッコなどと一緒に「マグリブ(またはマグレブ)」と呼ばれるエリアにあります。

過去にフランスに占領され、フランス語が広く普及しているためか(それか近いから?)、フランス人に人気の旅行先。

美しい国、フランスの人たちが旅行先に選ぶなんて期待しちゃいますよね!

 

 

チュニジアの魅力はなんといっても、コンパクトなのに、海・町・遺跡・自然・砂漠が一挙に楽しめるところ。

北部は地中海に面していて、極上のビーチリゾートが点在。

首都チュニスはもちろん、内陸部には、カルタゴ遺跡、エル・ジェムの円形格闘場、ドゥッガ遺跡、ブラレジア遺跡・大浴場など、歴史がふんだんに詰め込まれた町や遺跡がたくさん。

エル・ジェムの映像は、ローマと勘違いしてしまいました。チュニジアにもコロッセオみたいなものがあるんですね。

 

そして南部はなんといってもサハラ砂漠!

一面の砂漠に囲まれて、ラクダに乗ったり、オアシスに滞在して(!!)、日の出や日の入を見たりもできるみたいです。

 

他にも、北アフリカ最大の塩湖であるショット・エル・ジェリドや、緑の大自然がエンジョイできて世界遺産でもある、イシュケル国立公園などもあるので、ぜひじっくり周遊したいところです。

日本からだと、イスタンブル(イスタンブール)、ドバイ、ドーハ、パリ、フランクフルトなど経由で、20時間くらいで行けます。

なので、休みが少し長く取れるのであれば、イスタンブル+チュニジア周遊、パリ+チュニジア周遊などでもいいかも!

 

ただし、現在(2016年6月現在)外務省から注意勧告が出ていますのでご注意下さいね。

フランスではガンガン宣伝してるのでそんなに危険ではないと思いますが、昨年もビーチリゾートで銃撃があり多くの方が亡くなったりもしてますので・・。

 

外務省HPはこちら

 

さあ、ちきゅうで遊ぼう♪

— By admin_chikyuude 2016年06月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です