• ホーム
  • 海外旅行
  • 東京脱出、田舎暮らしのすゝめ:住居編...

東京脱出、田舎暮らしのすゝめ:住居編

フランス、ブルターニュ地方、ブレストにある家。

過去の記事にも書いている通り、私はつい最近東京を離れ、フランスのブレストという場所に移住しました。

人口14万人のブレストは、東京に比べたらとても田舎です。そして、田舎に暮らすというだけでメリットはたくさん!

今回は「住居」についてです。

 

あたりまえですが、私が住んでいた東京都港区西麻布と比べても、実家のある東京都調布市(新宿まで特急で20分)と比べても、住居はものすごーく安いです。

今住んでいる庭付き5LDK(トイレ2、シャワー3)の一軒家(この記事の写真)はなんと約1,000ユーロ(今のレートで約12万円)。5人で住んでいるので一人当たり25,000円弱。それでもシティセンターまで徒歩15分くらいで行けちゃう。もっと田舎に行けばもっと安いです。

 

おっきいリビングルームにおっきいL字ソファを置いてまったりしたり、でっかいテーブルでみんなでご飯食べたり、それと別に仕事スペース作ったり、キッチンでビール飲みながら4人で料理したりして、すごく快適♪

そして正面のお庭用のひまわりと、裏庭用の芝生と各種ハーブ&野菜の種を購入。

ハーブ&野菜ガーデンで育った食材で料理するのがとても楽しみです♪(育つかどうかは不明)。

芝生も、そんなもの自分で植えて育てたことがないのでどうなるのかとても興味があります。

 

そして、現在一部屋余っているので、それはAirbnbで貸し出す予定。

そうすればフランスの端っこにいながら各国の方々に出会えるし、家賃がさらに下がるのでとても助かります。

 

狭い家に嫌気が差したら、田舎暮らし。検討してみてはいかがでしょう?(^^)

 

次の記事:東京脱出、田舎暮らしのすゝめ:見た目編もどうぞ!

— By Hanna 2016年05月05日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です