• ホーム
  • 海外旅行
  • フランスに来てちょっとびっくりした食生活...

フランスに来てちょっとびっくりした食生活習慣いろいろ②

白ナフキンとパン

フランスに来てちょっとびっくりした食生活習慣。前回の記事でリストを紹介しました。

 

今回は、最初の5つを見ていきましょう。

 

フランスに来てちょっとびっくりした食生活習慣リスト

 

①みんなで食べるの超重要

とにかく毎日ランチとディナーを、みんなで仲良く食べてます。ランチョンマットひいて、ナイフ、フォーク、デザートスプーン用意して、お皿とグラスをセットアップして。

生活の中での、「ご飯をみんなで食べる」ということの位置づけが高いなーと思って、フランス人の彼に聞いてみたところ、「自分だけ別に食べるとか絶対にありえない」そう。実家時代に部屋でゲームしてても、基本強制終了しなければならなかったそうです。

ご飯準備してる人が、”À Table!(ア・ターブル!テーブルについてー!)って叫んで、家じゅうから人が集まってくる、というかんじ。ここで来るのが遅いとブーイングみたいです。

ちなみに、朝ごはんはみんな適当にシリアルとか食べてますね。

 

②とにかく外食しない

外食が高いというのが主な理由らしいのですが、とにかくみなさん外食しないですねー。私が東京にいたころ、全食外食といったらもんのすごいびっくりされました(これは日本でもたまにびっくりされるけど 笑)。

日本のように、500円あれば結構おいしいものが食べれる、ということがあまりなく、マクドナルドも高いし(マーケティング戦略らしい)、全体的に高めですね。あ、ケバブは500円くらいかな。

でも、高いといっても、東京みたいに、一人7,000円とかいくことはあんまりないかな(ユーロ120円くらいなら)。値段に加え、フランス人=しまり屋さんが多いのも一つの理由だと思います。お国柄もあるのかもだけど、平均年収が日本よりも低いというのも影響があるのでしょう。

とにかく、基本全食おうちなので、まとめて買いこんで全員分まとめて作るということで、とっっても安く済んでます。

朝食以外で一食当たり300円くらい。そんなに節約モードでもないので、節約すれば200円切れると思います!

 

③みんななんとなく料理できる

上記のとおり基本家飯なので、全員なんとなく料理ができます。

私は全く料理できなかったのですが、彼が日本に一緒に住んでいた1年間は料理をしていたので、そこそこできるようになってからフランスに来ました。良かった(^^;)

そば粉のガレット、トマトソースベースまたはクリームベースのパスタ、クスクスなど、いろんなメニューを楽しんでます。

私の得意料理は、パルメザンチキンとバスマティライス+野菜たっぷりのそぼろ肉。イタリアンやあまじょっぱい系は外人さんにも人気です♪

 

④フランスパンを毎日買いに行く

フランスパンを持ち歩いてるステレオタイプ、あれ本当です!本当にみなさん、バゲットを毎日買いにいきますねー。私たちもバゲットはしょちゅう買ってますが、めんどくさい時にはバックアップで買い置きしてある食パンを食べてます。

我が家は、ランチ前にバゲット4本買って、それを1日かけて食べます。残ったら次の日食べるけど、1日経つとかなり味が落ちますねー。逆に焼き立ては本当においしいです!そのまま食べてもおいしいし、バターつけても超おいしい♪

 

⑤パンを机に直置きする

かなりちゃんとした席でない限り、パンはテーブルにじか置きが多く、あまりパン皿を見かけません。ってか、私が行くレベルのレストランではパン皿出てきたことないし、フランス家族のクリスマスディナーの時も無かったなぁ・・。

日本の結婚式場でバイトしていたときは必ずパン皿を置いていたので結構びっくりしました。でも結婚式はかなり特別な席ですもんね。・・・と思ってハウスメイトに聞いてみたところ、

「パン皿?何それ?あー、全然使わないよ。相当フォーマルな席くらいじゃない?結婚式とか洗礼式とか。」

・・・だそうです。洗礼式ってご飯食べるんだ(笑)

 

さて、次は「⑥パンでお皿を拭く」から行きます!(準備中)

 

 

— By Hanna 2016年06月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です