• ホーム
  • 海外旅行
  • アラサー&アラフォーが海外留学するための...

アラサー&アラフォーが海外留学するための3ステップ!①目的を決める

地図を広げる女性。海外旅行、海外留学。

前回、アラサー&アラフォーが海外留学するための3ステップ!はじめにで紹介した、留学に行くための3ステップ↓

 

①目的を決める ⇒ 絶対にやりたいことをロックオン!

②お金を貯める ⇒ ①をやるために必要なお金を貯める!

③必要手続きを取る ⇒ ①をやるために必要な手続きを取る!

 

まず①の目的です。

あなたはなぜ留学したいのでしょう?

 

・英語圏でじっくり英語を勉強したいから?

・フランスのパティシエ学校で勉強したいから?

・スペインでフラメンコを学びたいから?

 

「留学したい」と思ってきたからには、ここでいきなり悩むことはないでしょう。

②のお金や③の必要手続きのところで微調整を入れる必要はあるかもしれませんが、少なくともざっくりとした「やりたいこと」「行きたい場所」はここでバシっと決めてしまいましょう。

上記の例でいうと、フランスとスペインはある程度場所も目的も絞れているので良いと思いますが、一番需要の高そうな「英語圏でじっくり英語を勉強したいから」。これはもう少しじっくり見る必要がありそうですので、一緒に考えていきましょう。

なぜ英語の勉強をしたいにもよるのですが、日常会話~ビジネスレベルの英語を習得する、程度でしたら、ぶっちゃけ「英語しか使えない環境」さえ作れればどこでもいいと思います(逆に、「CPA取得」とかだったらもっとちゃんと選ぶべき)。

 

あとは、以下の4点を満たしてる場所ですかね↓

・好きな国

・危険すぎない国

・なまりが強すぎない国

・金銭的に行けそうな国や街

 

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

まずは「好きな国」選び。

これ、思い込みの可能性もあるので一旦視野を広げて考えたほうがいいとは思うのですが、「昔からロンドンが大好き。ロンドンでないとイヤ!!」と激しく感じているなら、ロンドンに行くのがいいかと思います(思いが強すぎて行ってがっかりするかもだけど行かないともっと後悔する可能性が高いから)。

ちなみに私は「アメリカ横断ウルトラクイズ」にあこがれてアメリカに留学しましたが、今考えると別にアメリカじゃなくてもよかったな、とは思います。でも行ってなかったら後悔してたのかな、と思うと、ムダに高かったけど、アメリカに行って良かったのかな、とも感じています。

6ヵ月、1年、2年など、ご自身が行こうと思っている期間を過ごしたいと思える英語圏の国や地域はどこですか?

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、太平洋の島国たちの他にも、マルタやインド、フィリピンなども人気です。母国語が英語でなくても公用語が英語だったり、教育やビジネスでは英語だったりするエリアでも、場所を選べば全然留学可能です。

ぜひ幅広く、まずは好きな国をいくつか見つけてみて!

 

いくつか候補が見つかったら、次は「危険すぎない国」選び。

例えば、いくら行きたいとはいえ、こんな、「もっとも危険な国ランキング」みたいなリストに入っているような場所にはご注意を!

生きている限りどこにいてもリスクはありますが、相当安全な国である日本から行くので、ある程度安全で足きりしたほうがいいと私は思います。同じ国での都市によってめちゃくちゃ差があるのでご注意を!更には、同じ都市の中でも入ってはいけない路地とかもあるので、事前調査をしっかりしてくださいね。

 

ある程度足きりしたら、次は「なまりが強すぎない国」選び。

実はこれ、日本人は気にし過ぎる人が多いなーというのが私の印象。そもそも、「オーストラリア英語はなまってる」って何英語から?イギリス?アメリカ?それよりも日本語なまりを気にした方が良いのに・・とか思います。

そう、日本語のなまりはとても強いので(母音が少ないから?発音がフラットだから?)、日常会話~ビジネスレベル程度なら、英語が上手な人たちのなまりなんて気にしている場合ではありません。なまりが強いと言われるインド英語でも、日本語なまりの強い日本語英語よりは全然ネイティブに通じます。

なので、LとRを間違えないとかの方がよっぽど重要。・・私は今でも間違えてPresidential Erection(大統領の勃起:大統領選挙の間違い^^;)とか言っちゃってめっちゃ笑いを取ってますけどね。ははは。。ということで、個人的には、特に日常会話~ビジネスレベルを目指すのであれば、地域によるなまりはあまり気にし過ぎる必要はないかなと。

でも、英語が母国語でない私たち日本人にとってわかりやすい英語とわかりづらい英語はありますよね。私はアメリカに留学していたので、北米以外の英語が苦手で、特にアイルランドやニュージーランドとかかなりわかりません(笑) あと、ペンシルベニア州で勉強したので、南部の人たちの英語はとても苦手です。逆に、スペイン語圏の人たちの英語は日本語に母音が近いからか、わかりやすいです。なので、自分がわかりやすいと感じる英語を話す人たちの国で学ぶと覚えやすいかも?

あとは好みですかね。

イギリス英語のクイーンな響きが好きな人はイングランドへ、アメリカ英語のペラペラっとした感じが無条件で好きな人はアメリカに行ったらいいのではないかと思います!

 

そして最後の、「金銭的に行けそうな国や街」

これ、次の「お金を貯める」にも関わってくるのですが、お金に余裕がありまくるならもちろん気にしないでOK。だけどそんなことはない私を含む大多数の方々は、下記のような項目を目安に高すぎる場所を足きりしちゃってください。

 

・世界でも最高レベルに高い英語圏の都市抜粋*(高い順):

ロンドン、サンフランシスコ、ニューヨーク、ワシントンDC、シンガポール、ホノルル、サンノゼ、ボストン、オークランド、ケンブリッジ、フィラデルフィア、ブライトン、シドニー、ダブリン、ロサンゼルス、シカゴ

⇒ここまでがTOP30に入ってます。東京はホノルルと同じくらい。
基本このあたりは避けるべきだけど、例えばロンドンとダブリンで迷ったらダブリンに行ったら少し安く上がるはず!

 

・物価の高い英語圏の国抜粋**(高い順):
シンガポール、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、マルタ、ジャマイカ、フィジー、南アフリカ、フィリピン、インド など
⇒思ったよりアメリカが低いのは地域差のせいですかね?そう、オーストラリアやニュージーも結構高いんですよねー。

 

基本的には、高い国と高い都市を避けて安い語学学校を見つければコストはむっちゃくちゃ抑えられます。

ちなみに、上記の条件全てを兼ね備えた場所として、私ならフィリピンかフィジーを選びます!

あったかいとこも海も大好きだし、比較的日本から近いし、上記のような都市と比べるとだいぶ割安だからです。どっちも日本人には結構人気みたいなので、日本人がいないように英語でプログラム探したりした方がいいかもですが。

だけど、どーーしてもロンドンでないとだめ!ニューヨークでないとだめ!!なら、気合いでお金貯めて行くのが良いと私は思います。「私もニューヨークに行きたいか!?」というアメリカ横断ウルトラクイズの掛け声でアメリカに行った人間ですから。なにをどうしても予算(と頭)が足りずに近くのペンシルベニアになったんですけどねっ

 

さて、次回は「②お金を貯める」。記事にGO!

 

参考リンク:

*Expatisitan: https://www.expatistan.com/cost-of-living/index

**Numbeo: http://www.numbeo.com/cost-of-living/rankings_by_country.jsp

— By Hanna 2016年06月08日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です