• ホーム
  • 癒し・趣味・娯楽
  • どーーーしてもやる気が出ない時に読むべき...

どーーーしてもやる気が出ない時に読むべき本、やるべきこと

アクビをするネコ

どーしても朝起きられない。

ダイエットが続かない。

英語の勉強が続かない。

貯金ができない。

家でゴロゴロ寝てばっかりいる。

 

継続的に「やる気」がでなくて悩んでいる方、たくさんいらっしゃるのではないかと思います。

家族からのあだ名「ダメ人間」の私も、早起きもダイエットも語学学習も貯金も全部苦手。

ゴロゴロも大好きなので、放っておくといつまでもゴロゴロして、横で先に起きて仕事をする彼に呆れられています。

 

自他ともに認める「ダメ人間」な私ですが、好きな読書ならこなせるので、「やる気を出すためにはどうすれば良いのか?」的な本ばかりはゴロゴロしながらもたくさん読んできているのですが、そんな中で出会ったステキな本があります!

それは、こちら↓

上大岡トメさんと池谷裕二さんの共著、「のうだま1 やる気の秘密」です!

実はこの本、池谷さんの他の脳関係の本を読んでいてたまたま出会って、「マンガ風だと情報薄そうだな」と思ったのですが、やる気のない時にダラダラと読むのにちょうどいいと思い(笑)、買ってみたのです。

そしたら、すごくよかったの!

そんなにボリュームがあるわけではないのですが、「やる気がでないのは脳の作りの問題」と言ってくれるので、自分を責めずにすむのと、脳のクセを把握した上で「やる気」をおこすためのメカニズムが、非常にクリアに説明されているので、「じゃあこのヒトクセある脳というツールをどう使ってやろうか」と、読むだけでもやる気が出てきてしまうのです。

非常にざっくり言うと、

 

・脳の奥底にある、「やる気」をつかさどる脳のエリア淡蒼球(たんそうきゅう)を活性化するとやる気が出る

・けど、淡蒼球は他の脳のエリア(4つある)を刺激しないと活性化しない

・その4つの脳のエリアを刺激して、やる気を出そう♪

・・・という感じ。「車を動かすにはキーを入れてひねろう」と同じくらいシンプルなメカニズムなので、実践へのハードルがすごく低くて、すばらしいです。「やる気は迎えに行くもの」というのもすごくシックリきました。

 

ちなみに、上大岡トメさんは、イラストはゆる系でかわいらしいけど、「やる気」というものを今までもかなりじっくり考えてきた方だと思います。読み進めるまで気付かなかったのですが、あのベストセラー、「キッパリ! たった5分間で自分を変える方法」の著者さんだったのですね。

この本は、脳科学的な理論に基づいて書いたわけではないらしいですが、「のうだま1」を先に読んでいただければわかりますが、むちゃくちゃ理にかなった「キッパリと自分を変える方法」がたくさん提案されているので、個人的には「のうだま」を先に読むのがオススメです。

ちなみに、上記2つの本+様々な「やる気」に関する脳関連や心理学系の本を読んできた上で、私が実際に実践しているものを紹介します。

好みやライフスタイルによって、実践しやすいコトはだいぶ個人差があるので、下記をそのままやってみてもいいけど、できればぜひ本を読んでみてね❤

 

私が実際にやっている「やる気」が出るコト

【朝】

・起きる時、スマホを見ながら足を動かす

・パソコンを立ち上げながらコーヒーを飲む

20代の頃に比べればちょこっとだけマシになりましが、私めっちゃくちゃ朝弱く、ほっとくといつまでもゴロゴロ&ウトウトしてます。そこで、私が実践しているのは、まずスマホを開いてニュースやSNSを見る。ちょっと元気になってきたら足をパタパタと動かす。さらにちょっとやる気になったら仕事メールを開く。

そうすると「あ、返信しなきゃ」とかなって、ベッドスマホだとやりづらいので、パソコンに向かう、という流れになります。通勤が無いのはラクでいいのですが、自宅作業だとさぼりたければさぼれてしまうので、とにかく朝、こんな感じで強制的に自分にスイッチを入れるようにしています。

パソコンの電源を入れながらコーヒーを落としてカフェラテにして飲むと、コーヒーの香りや、その動作自体(習慣)による「始動!」スイッチ、そして、カフェインによるやる気UP(超一時的らしいですが)などの複合的な理由で、さらにやる気UPします!

 

【平日昼】

・仕事はとりあえずやる気がでるものからやる

・重要度が高いものは、その後にやる

・水分をたくさん取る

パソコンに向かってメールを開いて、まずは一番難易度の高い仕事を!!とできればいいのですが、ヘタレな私は、とりあえず返信しやすいもの、手が付けられやすい物から片づけていきます。で、少しずつやる気が出てきたら、難しい仕事に、「とりあえず3分だけやろう」程度に手を付けます。全部やろうとすると、やる前からめんどくさくなるので、「3分だけ」「1行だけ」と、ハードルをガクっと下げて!調子が悪いと3分で本当にやめてしまうのですが(笑)、たいがいの場合は3分後にはやる気になって完了してます!

また、仕事をしながらたくさん水分を取ることも心がけています。水分不足になると、イキモノとして弱ってしまったり、気分が落ちたりしてしまうみたいなので・・。本当は「水」を飲むのが良いみたいですが、私普通の水飲むのすごく苦手なので、色んな味のハーブティーを楽しむようにしています。利用作用高い上体調も悪くなってしまうので、カフェイン系は取りすぎないように注意してます。

 

【週末や平日夜】

・週2~3、ランニング(時にウォーキング)に行く

・一生懸命料理を作る

・大好きな友達とおしゃべり(ストレス解消⇒元気が出てやる気がでる)

運動は脳にとって、本当に本当に良いコトで、逆に全く運動しなくなると、ふさぎ込んでウツっぽくなることもあります(自分も体験済)。なので、細かいことは考えず、とにかく定期的に運動するようにしています。特にランニングやウォーキングのようなリズム運動をすると、幸せ気分も高まるし、ダイエットにもなって一石三鳥。お金もかからず一人でできるし、とってもオススメです!

また、料理もイヤイヤ作るのではなくて、「家族に喜んでもらいたい!」とか「自分がおいしいものを食べたい!」という思いで工夫して、心を込めて作ると楽しくて、やる気が出ます。いつも同じものをローテーションでサクっと作るのではなく、「今日はソースを変えてみよう」「今日は焼き加減を少しレアっぽくしてみよう」「次回はもう少し味を薄くしてチーズを乗せよう」とか、色々考えながら料理すると、ぐんと楽しくなります。

毎日が無理でも、週1とかでも、いつもより30分多く時間を取ってご飯を作ってみてはいかがでしょう?更に、自分で育てたプチトマトとかハーブとかを入れるとさらにやる気が出ますよ♪

そして、女子の特権、「おしゃべり」。やる気を出したい時だけでなく、嬉しい時、悲しい時、愚痴りたい時等、何にでも使える超万能薬!!大人であるべきアラサー女子、アラフォー女子が常に友達を頼りに生きるのは厳しいものがありますが、どうしてもやる気がでないときに、仲良しの友達とがーーーっとおしゃべりしてみてください。女子のおしゃべりってものすごくストレス解消になる上、やる気がでるようなことを言ってくれる友達と話せば、やる気もチャージされます。

私も、海外暮らしでとても寂しく、抜け殻のようになって、全くやる気がなくなってしまう瞬間とかもあるのですが、そういう時に日本の親友と1時間とか話すとものすごく元気になって、漠然としたやる気の無さなんて消えてしまいます。

 

こんな感じで、様々な「やる気のなさ」に様々な方法で日々対処しています。

やる気が出ないのは、「スイッチを入れないと電気がつかない」のと同じくらい超普通のことなので、しっかりスイッチを入れなければなりません。

自分のスイッチの場所や種類をしっかり把握して、効率良く、「やる気」を出していきましょう!

 

— By Hanna 2016年11月07日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です