• ホーム
  • 国際結婚
  • 結局流産となりました・・・ 海外アラフォ...

結局流産となりました・・・ 海外アラフォー妊活日記

海外旅行、おひとりさま旅行、お一人様旅行


あまりにも凹んでやる気をなくしていたので、報告が遅くなりましたが。 アラフォー(39歳)妊活、開始から1年3カ月で始めて妊娠したのですが、 今回は流産となりました(涙) 年齢的に流産率が高いとわかっていても、やっぱりものすごーーく落ち込みました。 しかもクリスマスをまたいだので、早期だけど彼の家族には報告済。 報告してから即流産という、とてもタイミングが悪いものとなりました(T T)



全文を読む

あまりにも凹んでやる気をなくしていたので、報告が遅くなりましたが。

 

アラフォー(39歳)妊活、開始から1年3カ月で始めて妊娠したのですが、

今回は流産となりました(涙)

 

年齢的に流産率が高いとわかっていても、やっぱりものすごーーく落ち込みました。

 

しかもクリスマスをまたいだので、早期だけど彼の家族には報告済。

報告してから即流産という、とてもタイミングが悪いものとなりました(T T)

 

胸の張りはありつつも、つわりがとても軽くて不安な毎日。

つわりの重い軽いは関係ないとの記事をたくさん読みつつも不安は続きます。

 

そして、年明け、あまりにも心配で死にそうだったので先生にメールをしたところ、

血液検査の処方箋をPDFで送ってくれました。

 

で、1月2日にHCGの検査をしたところ・・・

 

前回年末、5週と2日目で、HCGは1210UI/L。

今回6週と2日で、HCGは4000UI/Lちょい。

素人が見ても、ダメだろうということがわかりました。

 

なんせ、時間の無駄だとわかりつつも、日本語、英語、フランス語で

関連記事を読み漁っていたので。

日本語で新しい記事がなくなったので言語変えてまで読んでました(^^;)

 

絶望のどん底に落ちつつも、奇跡が起こらないかと、

その4日後のエコーの日まで「HCG 低くても妊娠継続」的な記事を

引き続き読み漁ったのですが、

 

私には奇跡が起こらず。

 

エコーの1週間後くらいに自然流産となりました。

手術しないでいいのは良かったけど、

大量の血とともに胎嚢が出てきたときに、小さな赤ちゃんの形に見えて、

発狂しそうな程トイレで泣きました。

(今思い出すだけでも涙出てくる)

 

あまりの鳴き声、というか叫び声にびっくりして旦那がトイレに駆け込んできてくれて。

「袋だよ、赤ちゃんじゃないよ」

と何度もなだめてくれて、生理用品ごと持って行ってくれました。

 

「捨てないで、燃やしたい」

自分で思っていたよりも悲しくて、出血が少し落ち着いたときに、

家の近くの人気のないところで二人で胎嚢を燃やして小さなお葬式をしました。

日曜日の夜で、大聖堂の近くに住んでいるので、ちょうどミサが聞こえて、

「なんか本当のフランスのお葬式みたい」

とぼんやり思っていました。

 

まだまだ心が完全に回復したわけではありませんが、

落ち込んでいても赤ちゃんは戻ってきません。

そして、毎日確実に年をとり、4月には40歳になります。

 

次も流産したらどうしよう・・という思いは頭をよぎりますが、

だからといって諦めるという選択肢はできないので、

また気負いすぎず、できることから日々やっていきたいと思います。

 

この記事を読んでいる方は、つわりの症状が軽かったりHCGの数値が

低かったりで心配で検索魔になっているかもしれません。

理想は、検索なんてしないてゆったりと過ごすことですが、

そんなこと頭ではわかってますよね。

 

日本語でも英語でもフランス語でも、似たような記事はたくさん出てきました。

同じようなことで悩み苦しんでる人が世界中にたっっくさんいるということです。

だから、少なくとも、検索魔やってる自分を責めないでください。

ゴールの見えないマラソンを走り続けている自分をほめてあげてください。

 

私も、自分を責めまくりたいところですが、他人にやさしく自分にもやさしくをモットーに、

笑顔でこの苦しい期間を乗り越えていきたいと思います (*⌒―⌒*)

 

 

— By Hanna 2020年01月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です